2017年05月10日

柿の若葉の天婦羅

一年ぶりに柿の葉の天婦羅を作りました。4月5月のこの時期は、柿の葉がまだ軟らかで精進揚げにするとびっくりするほど美味しい天婦羅になります。一度お試しを・・・・・。



カキ(柿)の葉の精進揚げ

《材料》

 柿の葉         30枚
 小麦粉        小さじ2
  
 薄衣
  小麦粉       1/2カップ
  昆布茶(粉末)   小さじ1
  水          1カップ 

《作り方》

① 柿の葉をきれいに洗い、キッチンペーパーで水滴をふき取り、大きめのビニール袋に入れて小麦粉をまぶす。(均等に葉に小麦粉が付くようにビニール袋に空気を入れてよく振る)
② ボールに薄衣を作り、一枚ずつ衣を付けて油で天麩羅の要領で揚げる。
③ 油をきり、揚げたてを塩味で頂く。

柿の新芽の天婦羅。

ちょっとびっくりしました!!  ウォッ!(  Д ) ゜ ゜  ホンマに美味しいんです! 
今まで食べた山菜の天婦羅の中で1位、2位争いするくらいです!!
『柿が赤くなると医者が青くなる』と言われるほど、
その効能は様々で『医者いらず』とも言われ薬膳でも柿はよく料理に使われます。
柿の葉もまた栄養価も高く、柿の葉のお茶があるほど。。。
そして柿の新芽は、ガン予防に効果のあるポリフェノールを多量に含んでおり、
ビタミンCもレモンの20倍と豊富に含まれていて
疲労回復や生活習慣病、風邪の予防や老化防止に良いとされています!!



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。