2017年05月08日

ハントピースに関する修理

技工用ハンドピースが精密な機械とごんじです。しかし、どんな程度までですか。データを例としては、わかりやすいと思います。


高速ハントピースの標準ヘッドの回転数は一般的に、350000-420000回転/分です。その回転数が速くないと思われます。しかし、秒にすると、約7000回転/秒です。もし、秒針の音を聞こえるタイマー時計を耳元に置けば、「ぶー」という声を聞いた後、つまり、その過程に、7000回を回転します。1から70000まで、想像以上早いです。



また、ハントピースの部品はほとんどは、金属材料で、精密機械により、加工するものです。その公差は一般的に、±0.01MMあるいは±0.005MMに制御します。理解しやすいために、髪を例にします。大人の髪の直径が約0.07MMで、カートリッジの公差は髪の直径の7分の1に達しません。寸法公差を人の目で、見分けることができません。これが複雑な真円度、同心度、バランス、角度の問題を含めません。この中に、どちらの誤差が標準を超えるなら、ハントピースは大騒音、振動、寿命の短さ、スイングなど一連の問題が生まれてしまいます。

上記の状況に基づいて、とても精密な取り外すツールと検査機器がないなら、個人経験、技術問題を除いて、ハントピースの修理が難しいです。いわゆる修理では、それを回らさせるのはに至るまで、音、振動、寿命を求めるのは不可能です。もし、修理ができれば、数度で、すぐ壊れてしまうかもしれないんです。

当サイトでは、歯科ハントピース販売しています。ご来サイトお待ちしております。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。