スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2017年07月24日

アメリカフヨウ



でかい。



つい寄りたくなる。



数もそうだが、



つい寄りたくなる。



圧倒的である。
  


Posted by maria at 18:01Comments(0)

2017年07月22日

小児歯科の治療の流れ

子どもをいきなり歯医者に連れて行って治療しようとしても、まったくわからない環境でのキィーンといった器具の音や、見知らぬ人に触られることで、子どもは治療に対する恐怖心をもってしまいます。治療をいきなり始めるのではなく、まずは環境に慣れてもらうことから始めます。

【STEP1】初期相談
まず、過去に歯医者で「泣いてしまった」「暴れてしまった」という経験をお持ちのお子さまについては、事前に担当医にお伝えください。初めて来る子どもも同じことが言えますが、子どもは環境の変化に敏感です。ご両親も、歯医者は怖いぞという意識を子どもに与えるような言葉は使わないように心がけてください。
ここでは、現在のお子さまの年齢、状況、どのような問題が起こっているかを詳しくお聞きします。



【STEP2】診断
お子さまのお口の状態がどうなっているか、必要に応じて触診やレントゲンなどを使用し、現在の歯の状態をチェックします。年齢や歯の状態によって早期に治療が必要かどうかの判断をいたします(マイクロモーター)。


【STEP3】治療
お子さまの状態によっては、治療をすぐには行いません。器具を触らせたり、音を聞かせたりして歯医者の環境に徐々に慣れてもらうためのトレーニングを行っていきます。また、スタッフがコミュニケーションをとり、楽しい環境だという認識をもってもらい、環境に慣れたら治療に入ります。
むし歯予防であれば、フッ素塗布、シーラント、フロッシングなどを行っていきます。乳幼児には指しゃぶり・おしゃぶりの改善、お子さまを対象としたブラッシング指導も行います。


【STEP4】メンテナンス
治療後は、定期的な検診を行うとよいでしょう。むし歯予防と、歯医者に対する不安を取り除くことにもつながります。定期健診では、むし歯の有無、フッ素塗布、PMTC、ご家庭でできるホームケア、食事の指導を行っていきます(歯科医療機器)。
  


Posted by maria at 17:55Comments(0)