スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2016年09月23日

歯を白く綺麗にする審美歯科治療

審美歯科治療で行う 歯を白く綺麗にする方法
審美歯科治療とは?
審美歯科治療とは、従来の虫歯や歯周病の治療など、通常の歯科で行っている治療に「美」の視点をプラスした歯科治療です。歯を白く綺麗にしたり、歯並びを綺麗にしたり、歯茎の色を美しいピンク色に改善するなど、健康的で美しい口元を作ることを目的としています。
見せかけの美しさだけを求めるのではなく、審美歯科治療により健康で美しい笑顔を手に入れ、自分に自信を持つことにより、人生をより豊かにする可能性をもっています。

歯をきれいにする方法
ホワイトニングによる審美歯科治療の例(治療前、治療後)


▲治療後   ▲治療前
ホワイトニングによる審美歯科治療の例
歯を削らずに歯の色を白く綺麗に美しくするには、歯の表面の色素の除去・歯石の除去を行う‘クリーニング’と歯の色そのものを白くする‘ホワイトニング’があります。
歯並びまで綺麗にするには、‘矯正’か‘セラミックのかぶせ物(オールセラミックやラミネートべニアなど)’による治療を行います。
奥歯の金属の詰め物をオールセラミックで白色にする
口を大きく開けたり、笑ったときに治療した歯の金属の詰め物が見えて気になりますが、これを、天然の歯に近い色で目立ちにくいオールセラミックで治療することができます。
金属はアレルギーを引き起こす可能性があるため、身体にとって、優しい素材である白いセラミックをおすすめします。


http://www.shikakiki.jp/category-14-b0-%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%A9%9F%E5%99%A8.html
  


Posted by maria at 11:13Comments(0)審美歯科